【マラッカ】 マラッカ州で26日午後2時頃、新型コロナウイルス「Covid-19」感染の疑いのある自宅隔離中の女性が呼吸困難を訴えたもののビッグサイズのため救急車に乗れず、急遽貨物トラックで病院に搬送する騒ぎがあった。

女性はアイル・モレックに住む体重150キログラムの49歳女性で、女性からの訴えをうけたマラッカ中央病院からの通報を受け、ブキ・カディル消防署のレスキュー隊が駆け付けた。

女性が重いことに加えて新型コロナ感染対策もあって通常の救急車で運べず、15分ほどかけて完全防護の消防署員が3人がかりでトラックの荷台に乗せて病院まで移送したという。

(東方日報、コスモ!、6月26日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク