【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染者数増加により、首都圏クランバレーの公立病院の現在の病床使用率は85%に達している。アダム・ババ保健相が明らかにした。病床増加や人員再配置などの緊急措置により対応する。
具体的には、クアラルンプール病院(HKL)でコロナ以外の患者を民間病院へ転院させ、より多くのコロナ患者を受け入れられるようにする。マレーシア国民大学小児専門病院、マレーシア・プトラ大学病院、マラ工科大学病院などの病院では、コロナ患者に対応できるよう、人工呼吸器などの設備を有する病床を増やす。
人員については、他の州から医療専門家や救急隊員などの医療従事者を一時的に首都圏に再配置する。ワクチン接種センター(PPV)に配属されている経験豊富な看護師を病院に配置転換し、その代わりにボランティアや実習中の看護学生を医療従事者支援のためにPPVに配置する。
HKLが受け入れたコロナ全患者のうち、71%がカテゴリー3から5にあたる重症患者だった。カテゴリー3は肺感染症状のある患者、カテゴリー4は酸素補給が必要な患者、カテゴリー5は多臓器不全の重症患者でICUでの治療が必要。最新のデータによると、HKLの救急部門では、毎日60-70人のコロナ患者を受け入れており、人工呼吸器が必要なカテゴリー4および5の患者が1日平均3人いるという。
ワクチン接種数も1日平均接種数25万本から30万本まで引き上げ、病院にかかる負担を軽減する。
(フリー・マレーシア・トゥデー、エッジ、7月4日)

スポンサードリンク