サブリ上級相が副首相に昇格、ヒシャムディン外相は上級相に

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 首相府は7日、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)を副首相に任命すると発表した。副首相ポストは、2020年3月にマハティール•モハマド前首相率いる希望同盟(PH)政権が崩壊して以降、空席となっていた。

ムヒディン•ヤシン首相の補佐役として新型コロナウイルス「Covid-19」禍における保健・経済政策の指揮をとる。現在の国防職はそのまま兼任する。人事案はすでにアブドラ国王に提出されている。

サブリ氏は、ムヒディン首相率いる与党連合・国民同盟(PN)と協力関係にある国民戦線(BN)構成党・統一マレー国民組織(UMNO)の総裁補の1人。昨年3月のムヒディン政権発足時に、国防相に指名されると共に新設された4人からなる上級相ポストに就き、主に保安面において新型コロナ対策の陣頭指揮に当たっていた。

■ヒシャムディン外相は上級相に昇格■

首相府はまた、サブリ氏の副首相昇格を受け、ヒシャムディン・フセイン外務相が上級相に昇格すると発表した。ヒシャムディン氏はサブリ氏が担ってきた保安面の役割を引き継ぐことになる。外相職は兼任する。

ヒシャムディン氏はUMNOの元総裁補で、2018年5月の総選挙の敗北を受けてナジブ•ラザク総裁(元首相)が辞任した直後には繰り上げ人事で副総裁代行を務めていたが、同年6月の党役員選挙では出馬せず一般党員となっていた。

ただUMNO内ではいまだに隠然たる支持基盤を有しており、アハマド・ザヒド・ハミディ総裁(元副首相)が汚職罪で訴追される中にあって、ポスト・ムヒディンのUMNO側の有力候補として推す声も上がっていた。

スポンサードリンク