【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 カイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種の日がまだ決まっていないクアラルンプール(KL)及びセランゴール州在住の60歳以上について、17日より予約なしでの接種を受け付けると発表した。

接種を受けられる場所はワクチン接種センター(PPV)。予約なしに直接PPVに行って接種できるのはあくまで接種日が決まっている人であり、接種日がすでに決まっている人については接種日に行くよう求めている。また居住者であることを証明する書類・証明書類がない場合でも、8月1日以降であれば予約なしで接種が受けられる。

ワクチン調整担当大臣を兼任するカイリー氏は、首都圏でワクチン接種のスピードアップを図っているとし、KL及びセランゴール州在住の18歳以上については8月1日までに少なくとも1回の接種を行なうことになると言明した。

カイリー氏によると、KL及びセランゴール州の人口は610万人と見積もられているが7月15日時点で350万人がすでに1回目の接種を受けており、25日までにさらに130万人が接種を受ける見通し。残りの130万人については7月26日から8月1日までに1回目の接種を受けることになる見込みだという。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク