【ペタリンジャヤ】日本航空(JAL)は17日、オリンピックのマレーシア代表団44人を日本に輸送した。マレーシア航空とJALとの共同事業1周年を記念する行事となった。
両社が共同事業を開始したのは20年7月25日で、マレーシアー日本間の利便性を高めるのが狙い。安全確保のため代表団には専用レーンを用意した。
共同事業はコードシェア(共同運航)よりも踏み込んだ提携で、運賃や運航スケジュールを両社間で調整できるようになる。
パンデミックさなかの提携だったが、マレーシア航空グループを統括するマレーシア・アビエーション・グループのイザム・イスマイル最高経営責任者(CEO)は「経営環境は厳しいが、共同事業を通じ互いの強みを生かし利便性を高めることができ、貿易促進にもなった」と声明で語った。
利用者はどちらの会社のホームページからも、空席状況の照会、搭乗手続きがオンラインでできる。
(ザ・サン、7月19日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク