【プトラジャヤ】 観光芸術文化省(MOTAC)は、コロナにより打撃を受けた観光業の復興のため、観光活動の段階的な再開を国家安全委員会(NSC)に提案した。
再開は4段階に分けられ、▽第1段階:地区内の旅行・観光▽第2段階:地区間の旅行・観光▽第3段階:州間の旅行・観光▽第4段階:海外旅行やインバウンド観光——となっている。
MOTACはまた、ワクチン接種を受けた観光客のみを受け入れ、地域内に限定して観光を許可する「Covid-19フリーデスティネーションプログラム」についても、国家復興計画(NRP)に沿って段階的に進めていく。第1段階では、ランカウイ島とクチンで試験的に実施、第2段階では▽ルダン島▽プルヘンティアン島▽パンコール島▽ティオマン島——などの人気リゾートや▽ジョホール州▽マラッカ州▽ペナン州▽サバ州——などの主要観光地にまで対象を拡大、第3段階ではその他の主要観光地を対象とする。
MOTACは、観光業界の負担を軽減するため、ツアーオペレーターおよび観光ガイドのライセンス料免除や観光業の最前線で働く労働者を対象としたワクチン接種促進などにも取り組んでいるという。
(エッジ、マレーシアン・リザーブ、7月22日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク