【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン・ヤシン首相は26日に開幕した特別国会で国家復興計画(NRP)に関する説明を行ない、ほとんどの州が早ければ10月中にも第4フェーズに移行できると述べた。
NRPによると、第4フェーズへの移行すれば可能な限り日常生活に戻すこととなり、すべての経済活動、より多くの社会活動が許可される。また州を越えた旅行が許可され、国内観光旅行も厳格な標準的運用手順(SOP)に従うことを条件に容認するとなっている。
ムヒディン首相は、新型コロナウイルス「Covid-19」感染対策に成功して一旦次のフェーズに移行した州について、出口戦略に重点を置くNRPのアプローチに基づき再び元のフェーズに戻さないことを国家安全委員会(NSC)特別会議で決定したと言明。再び感染件数が増加した場合には地区ごとに移動制限を厳格化することで対処していくと述べた。
ムヒディン首相はまた、現政府は完璧ではないもののワクチン接種率が最も高い国の一つとなっているなど可能な限りの措置をとっていると強調。10月までにはすべての成人に対するワクチン接種が終わるだろうとした上で、困難な時代に立ち向かっていくためには団結することが重要だと述べた。
またムヒディン首相は、保留となっている第12次マレーシア計画(12MP、対象期間;2021ー2025年)については9月20日、来年度予算案に関しては10月29日に国会に上程すると発表した
このほかタキユディン・ハッサン首相府相(法務担当)は、8月1日で期限を迎える非常事態宣言についてアブドラ国王に延長を求める意向のないことを明言。予定通りに非常事態宣言を解除することになると述べた。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク