【クアラルンプール】 保健省の最新統計によると、国内で集中治療室(ICU)で治療を受けている新型コロナウイルス「Covid-19」重症感染者が26日に初めて1,000人を突破した。
同日時点でICUに収容されているのは1,009人で、うち524人が人工呼吸器を必要としている。また同日の死者は207人で1日の死者数としては過去最悪となった。
「ザ・サン」によると、マレーシアにあるICU病床の数は人口10万人当たり3.3床にとどまっており、昨年医療崩壊に瀕したイタリアの12.5床を大きく下回っている。感染者増加を受けて重症者も増加しており、元々脆弱な医療体制がますます逼迫している。
こうしたことから保健省は先ごろ、公立病院のコロナ患者用の病床を増やすために非コロナ患者を民間病院に移すと発表した。カテゴリー1、2の軽症者については自宅隔離で対応している。
マレーシアの新規感染者数は25日に1日としては過去最高の1万7,045人を記録し、累計患者数もついに100万人を突破した。
(ザ・スター、ザ・サン、7月26日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク