【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ローム(本社・京都府京都市)及びローム・ワコー(本社・岡山県笠岡市)は、需要が拡大するアナログLSI及びトランジスタの生産能力強化を図るため、マレーシアの製造子会社であるローム・ワコー・エレクトロニクス・マレーシア(RWEM)の新棟を建設することを決定した。
ロームグループでは、国内外の工場において、新棟建設のほか、製造装置の更新による生産能力の強化に継続して取り組んでいるが、RWEMにおいても、2016年に新棟を建設し(2017年4月稼働)、ダイオードなどディスクリート製品の生産能力を増強してきた。今回、旺盛な半導体需要に対応するため、生産能力強化を図るとともに、BCM(事業継続マネジメント)の観点からアナログLSI及びトランジスタ生産における多拠点化を推進するため、RWEMに新棟を建設し、RWEM全体の生産能力は約1.5倍に引き上げる。
新棟は、地上3階、延べ床面積は2万9,580平方メートル。2022年1月の着工、2023年8月の竣工を予定している。複数の省エネルギー技術を用いた設備を導入し、環境負荷軽減(従来比CO2約15%削減見込)に努めるとともに、最新の各種災害対策を導入することにより事業継続体制の一層の強化を図る。
ロームグループでは、今後も市場の状況をとらえながら、中期経営計画に基づいた生産能力の強化を進めるとともに、多拠点生産体制や在庫管理、設備の防災化などを徹底し、顧客への安定供給に努める方針だ。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク