【クアラルンプール】 マレーシア航空委員会(MAVCOM)は、4月末から5月初めにかけてのハリラヤ(断食月明け大祭)の連休期間中に国内線全体の8%に当たる495便が1時間以上遅延したことを明らかにした。連休期間中には国内線で大幅な遅延が多発し、利用者から苦情の声が上がっていた。
MAVCOMによると、今年4月29日から5月9日までの11日間に国内線約6,000便が運航。新型コロナウイルス「Covid-19」前の2019年のハリラヤ連休時の約8,000便を大幅に下回った。
今年1時間以上遅延したケースを航空会社別でみると、2,954便を運航したエアアジアが13%に当たる368便、1,447便を運航したマレーシア航空は3%に当たる44便、656便を運航したMASウイングスは10%に当たる64便、680便を運航したファイアフライは2%に当たる15便、555便を運航したバティック・エア(旧称マリンド・エア)は1%に当たる4便となった。
天候不順以外の原因で2時間以上遅延したケースも160便に上った。約71%に当たる119便の遅延原因が機材不足や乗員不足といった運航上の理由で、約25%に当たる41便が機材の故障やメンテナンス機器やスペア部品の不足などの技術上の理由だった。
(マレーシアン・リザーブ、ザ・スター、エッジ、ベルナマ通信、5月30日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク