エアアジアX、羽田・関空・新千歳線を順次再開

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 長距離格安航空のエアアジアXは15日、クアラルンプール(KL)ー羽田線、KLー関空線、KLー新千歳線、関空ーホノルル線の4路線を順次再開すると発表した。いずれも15日より予約を開始している。
 KLー羽田線は7月14日から週2便の運航。羽田発KL行き「D7553」便が月・金の運航で、羽田発が1時15分でKL着が7時25分、KL発羽田行き「D7552」便が木・日の運航で、KL発が15時50分で羽田着が23時55分。
 KLー関空線は10月3日から週2便の運航。関空発KL行き「D72」便が火・土の運航で、関空発が23時00分でKL着が翌5時10分、KL発関空行き「D71」便が月・金の運航で、KL発が14時10分で関空着が21時35分。
KLー新千歳線は12月1日から週4便の運航。新千歳発KL行き「D7551」便が月・水・金・日の運航で、新千歳発が9時35分でKL着が17時15分、KL発新千歳行き「D7550」便が火・木・土・日の運航で、KL発が23時50分で新千歳着が翌8時25分。
関空ーホノルル線は10月3日から週2便の運航。関空発ホノルル行き「D71」便が月・金の運航で、関空発が23時55分でホノルル着が12時20分、ホノルル発関空行き「D72」便も月・金の運航で、ホノルル発が16時20分で関空着が翌21時40分。
就航再開を記念し、26日までの期間限定で、7月1日ー来年3月26日までの便について、エコノミー席が片道499リンギから購入できるキャンペーンを実施している。
エアアジアXは同日、KLードバイ、KLーイスタンブール線の新設も発表。その他、KLとロンドン、ニューデリー、シドニー、ソウル間の路線も再開するとした。

UMWトヨタ、5月の販売台数は前月比9.1%増の7579台

【シャアラム=マレーシアBIZナビ】 UMWトヨタ・モーターは14日、5月単月の販売台数は7,579台で、前月比で9.1%増加したと発表した。
内訳はトヨタ車が7,442台で、レクサス車が137台だった。1ー5月の販売台数は3万6,972台で、前年同期比で8.7%増加した。
UMWトヨタは、世界的な半導体不足に伴い、自動車メーカー各社は需要を満たすために生産台数を増やしたくても、難しい状態にあると指摘。また売上・サービス税(SST)の減免措置が6月末で終了することから、下半期の販売台数の増加率は減速すると予想されているとした。
ラビンドラン・クルサミー社長は、下半期に向けて精力的に事業を行うとし、顧客を第一に考え、不確実な時代を乗り越えると述べた。
UMWトヨタは、6月も販促プロモーションを継続し、4,000リンギ相当の特典付与やキャッシュバックなどを実施するほか、新モデルの投入に向けて準備をしているという。

マツダ車販売のベルマツ、昨年度は増収増益

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マツダ車の販売代理店で、ベルジャヤ・グループのベルマツ・オートは13日に昨年度決算報告(2021年5月ー2022年4月)を発表し、売り上げが前年比1.63%増の2億3,251万リンギ、純利益が同16.35%増の1億5,572万リンギとなったと明らかにした。
現地組立(CKD)車などの販売台数が増加したこと、対日本円でリンギ高となったこと、フィリピン事業が好調だったことなどが増収増益に貢献した。国家復興計画(NRP)の第1フェーズによりロックダウンが行われた影響で第1四半期(2021年5ー7月)は、マツダ車の販売台数は一時減少した。しかし、2020年と2021年にプジョー車の販売事業と製造事業を買収したこと、2021年に起亜車の販売・製造を行う合弁会社を設立したことが奏功し、プジョー車と起亜車の販売台数が増えたことがマツダ車販売減の影響を相殺した。
第4四半期(2022年1ー3月)の売り上げは、前年同期比40%プラスの8億9,736万リンギ、純利益は17.8%プラスの7,870万リンギだった。
ベルマツ・オートは、売上・サービス税(SST)の減免措置や新型コロナウイルス「Covid-19」のエンデミック(風土病)段階への移行に伴う規制緩和が販売増につながっていると指摘。しかし半導体や部品不足が販売台数の回復を妨げる可能性があると懸念を示した。

宗教指導者の「盆踊り大会」の改称提案に批判の声

 【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イドリス・アハマド首相府相(宗教問題担当)がムスリムに対してセランゴール州とペナン州で開催される予定の「盆踊り大会」に異教要素が含まれていることを理由に参加しないよう呼びかけた問題で、ペルリス州ムフティ(宗教指導者)のモハマド・アスリ・ザイヌル師が解決案として「盆踊り大会」の名称を変更することを提案し、再び批判の声が上がっている。



モハマド・アスリ師は、盆踊り大会を「問題なし」とするセランゴール州スルタンやペナン州政府、マレー・リベラル派とイドリス首相府相やペナン州ムフティのワン・サリム師などの「問題あり」とする側の対立状態となっていことに言及。双方の対立を鎮めるために、イベントの名称を「日本文化フェルティバル」などに改称することを提案。警察に対してはイベントの監視を行うよう提言した。


中身は変えずに事なかれ主義的に済ませようという案だが、「宗教当局は我々の信仰が欠けていてイベントに簡単に影響されると思っているのか?もっと他に重要なことに取り組むべき」とか「名前を変えろというのなら、他の外国のイベントもすべて変えろというのか?」、「改称を求めるのは外国の文化に失礼」、「日本に対する侮辱」といった声が上がっている。


イドリス首相府相の発言に対して、当初からリベラル派や非マレー社会から批判の声が上がっており、セランゴール州やペナン州政府も当初の予定通り実施する意向を表明した。続いて盆踊り大会に参加経験のあるセランゴール州のスルタン、シャラフディン・イドリス・シャー殿下が開催を許可するよう同州当局に指示するなど保守派を牽制することで事態は収まるかに見えたが、イドリス大臣が所属する原理主義政党・汎マレーシア・イスラム党(PAS)などがスルタン発言を無視してムスリムに参加自粛を求めており、双方による主張の応酬となっている。

ホンダマレーシア、新型「HR-V」の予約受付を開始

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ホンダ・マレーシアは9日、コンパクトスポーツ多目的車(SUV)「HR-V」の新型モデルの予約受付を開始した。
新型HR-Vは、「人生を豊かにする」をグランドコンセプトとして開発され、洗練された外観やプレミアム感を持ちながら、日常生活に使える実用性を維持したモデル。発売開始は今年第3四半期の予定で、ハイブリッド車とガソリン車を用意。ハイブリット車にはHR-Vとして初めて2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」技術を搭載する。価格は未発表。予約は、ホンダのWebサイトやアプリから受け付ける。
吉村宏信 社長兼最高経営責任者(CEO)は、初代HR-Vは、2015年の国内発売以降ベストセラーになり、現在までに11万1,000台以上を販売し、2015ー2021年には非国民車コンパクトSUVでトップとなったと言明。2019年に発売されたフェイスリフト版HR-Vの販売数も約3万9,000台に達し、多くのマレーシア人に愛されているとし、今回正式に新型HR-Vの予約受付を開始できることをうれしく思うと述べた。

盆踊り大会、マレー有識者団体が容認すべきと主張

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国を憂うマレー人元高官らで構成される組織「G25」は、イドリス・アハマド首相府相(宗教問題担当)がムスリムに対してセランゴール州とペナン州で開催される予定の「盆踊り大会」に参加しないよう呼びかけたことを批判し、マレーシア人は他文化の多様性や多種多様の民族の祭りを楽しむ自由を認められるべきだと主張した。
「G25」は声明の中で、盆踊りが今日ではすでに宗教的ではなく純粋に文化的な祭りになっているとし、異教の要素がムスリムの信仰に影響を与えかねないとする首相府相の主張を否定。マレーシアの最大の資産は民族的・宗教的多様性だとし、「貿易・教育・観光を通じて対外的に開放されていることによってマレーシアは世界の異文化間の接触から恩恵を受けている」と指摘した。
また盆踊り大会が家族で楽しめるイベントであり、首相が唱える、「Keluarga Malaysia(マレーシア家族)」精神にも沿っていると指摘。首相府相の発言の根拠を作った偏狭なイスラム開発局(JAKIM)と比較する形で、イベントを長年受け入れているセランゴール州のリベラルな姿勢を賞賛した。
イドリス首相府相の発言に対して、セランゴール州のアミルディン・シャリ州首相やペナン州観光クリエイティブ経済委員会のヨー・スーンヒン議長は当初の予定通り実施する意向を表明。続いて盆踊り大会に参加経験のあるセランゴール州のスルタン、シャラフディン・イドリス・シャー殿下が開催を許可するよう同州当局に指示したことで、世論が一気に盆踊り容認の方向に傾いている。

 

盆踊り大会、スルタンが開催許可を出すよう指示

【クアラルンプール】 イドリス・アハマド首相府相(宗教問題担当)がムスリムに対してセランゴール州とペナン州で開催される予定の「盆踊り大会」に参加しないよう呼びかけた問題で、セランゴール州のスルタン、シャラフディン・イドリス・シャー殿下は同州宗教局(JAIS)にイベント開催を許可するよう指示した。
JAISによると、シャラフディン殿下はJAISと開催地があるシャアラム市役所の幹部に対して盆踊り大会に宗教的要素があるかどうか、自分の目で見て確かめるため出席するよう指示した。殿下は数年前に自身で盆踊り大会に出席しており、その際にはイスラム信仰に有害であるとは思わなかったと語ったという。
首相府相の指摘を受けてセランゴール州のアミルディン・シャリ州首相は、同州では何十年にもわたって盆踊り大会が開催されており、日本とマレーシアの組織、個人、コミュニティ間の関係を強化することが目的となっていると強調。予定通りイベントを開催する考えを示していた。その上で、イベントについて宗教的なものではなく日本文化の祭典と見なしており、これまで何ら指摘を受けたことがないため、日本大使館や関連分野の研究者と連絡を取り、イベントの詳細情報を入手すると共に州イスラム当局に問い合わせると述べていた。
「盆踊り大会」はクアラルンプール(KL)日本人会や日本人学校、在マレーシア日本大使館が主催する日本文化を紹介するイベントで、1977年に開始された。新型コロナウイルス「Covid-19」による2年の中断期間をはさんで今年7月16日にセランゴール州シャアラム、同月30日にペナンで予定されている。
(フリー・マレーシア・トゥデー、6月8日)

日本との情報通信協力、映画制作などへの対象拡大を提案=通信相

【プトラジャヤ】 アヌアル・ムサ通信マルチメディア相は7日、日本との情報通信に関する協力覚書(MoC)について、映画制作やクリエイティブ産業まで対象を拡大するよう、日本側に提案したと明らかにした。
アヌアル大臣は同日、在マレーシア日本大使館の髙橋克彦大使による表敬訪問を受け、サイバーセキュリティ、個人情報保護、デジタル経済の発展、国境を越えたデジタル協働などについて、MoCに含めるよう提案。またマレーシアでの映画撮影や、映画やTV撮影に対し助成金を交付する「フィルム・イン・マレーシア・インセンティブ(FIMI)」への参加を提案した。国内観光産業や海外投資の誘致への波及効果を見込んでいるという
一方で、アヌアル大臣は、9月26日ー10月14日までルーマニアで開催される国際電気通信連合(ITU)E地域(アジア・オーストララシア)の全権委員会議(PP22)において実施される理事国選挙にマレーシアが立候補することについても、日本からの支持を求めた。また、マレーシアにおける第5世代(5G)ネットワークやその導入方式である単独卸売制(SWN)について紹介したという。
マレーシアは2017年1月、日本との間で情報通信分野、特に放送分野での協力強化のため、情報通信に関するMoCを締結している。
(ベルナマ通信、6月7日)

渦中の盆踊り大会、ペナン州は予定通り開催

【ジョージタウン=マレーシアBIZナビ】 イドリス・アハマド首相府相(宗教問題担当、汎マレーシア・イスラム党=PAS所属)がムスリムに対してマレーシアにおける「盆踊り大会」に参加しないよう呼びかけた問題で、ペナン州観光クリエイティブ経済委員会のヨー・スーンヒン議長は、同州では予定通り7月30日に開催すると言明した。
ヨー氏は、ルックイースト政策(東方政策)40周年に当たるため今年の盆踊り大会にはより大きい意義があるとした上で、自身としては盆踊りイベントには宗教的要素がないと考えているためイドリス首相府相のコメントには驚いたと述べた。その上でムスリムに対してイベントへの参加を妨げる考えはないと言明。「我々は宗教警察ではないので、イベントに参加するしないは個人の判断に任せる」とした。同州政府は5千人超の参加を目標に掲げている。
一方、ペナン州ムフティ(イスラム宗教指導者)のワン・サリム師は、盆踊りが先祖の霊を思い出すことに関連しているとした上で、「イスラム教では踊ったり、霊を崇拝したりすることで先祖を思い出すことは奨励されていない」と主張。イスラムに反する「ムシュリク」(多神教)につながる恐れがあるとして、盆踊り大会に参加しないよう呼びかけた。ワン・サリム師は、こうしたイベント参加を避けることによってイスラム信仰の純粋さを維持するべきだとした。
イドリス首相府相は、イスラム開発局(JAKIM)が実施した調査により「盆踊り」に異教の影響力の存在が確認されたとし、「我々はイスラム教徒に対し、信仰に反する祭事やその他のイベントに参加しないように忠告している」と述べていた。

反・盆踊り発言が波紋、影響懸念する声も

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イドリス・アハマド首相府相(宗教問題担当、汎マレーシア・イスラム党=PAS所属)が恒例の「盆踊り大会」に異教の要素が含まれていると主張しムスリムに参加しないよう呼びかけ波紋を呼んでいる。
「盆踊り大会」はクアラルンプール(KL)日本人会や日本人学校、在マレーシア日本大使館が主催する日本文化を紹介するイベントで、1977年に開始された。新型コロナウイルス「Covid-19」による2年の中断期間をはさんで今年7月16日にセランゴール州シャアラム、同月30日にペナンで予定されている。大多数の参加者がマレー系であるため、影響が懸念される。
セランゴール州のアミルディン・シャリ州首相は、同州では何十年にもわたって盆踊り大会が開催されており、日本とマレーシアの組織、個人、コミュニティ間の関係を強化することが目的となっていると強調。予定通りイベントを開催する考えを示した。その上で、イベントについて宗教的なものではなく日本文化の祭典と見なしており、これまで何ら指摘を受けたことがないため、日本大使館や関連分野の研究者と連絡を取り、イベントの詳細情報を入手すると共に州イスラム当局に問い合わせると述べた。
シャアラム市議会のムハンマド・シャキル・アミール議員は、盆踊り大会の魅力が踊りや太鼓といった音楽的要素にあるとした上で、なぜ開始から30年も経ってから問題にされなければならないのかと疑問を呈し、「PASはマレーシアの文化的多様性についての無知と理解の欠如を示した」と批判した。
シャキル氏はまた「シャアラムにはかなりの数の日本人駐在員が住んでいる。日本人コミュニティのために日本人学校もある。彼らが地域のクラブなどを通じて文化的行事を行うのは当然のこと」と指摘した。