スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン・ヤシン首相は8月28日、復興のための行動制限令(RMCO)を12月31日まで延長すると発表した。

 行動制限令(MCO)を緩和したRMCOは8月31日までとなっていたが、海外からの新型コロナウイルス「Covid-19」第2波の流入懸念が消えないことから、これまでの国境管理を続ける。ナイトクラブやエンターテインメントセンター営業、外国からの観光客の入国は引き続き禁止する。観客を入れたスポーツイベントも禁じる。国家災害管理局(Nadma)が管理する新型コロナ基金も12月31日まで延長される。
ムヒディン首相は「国民の日常活動は通常どおり続行でき、標準的運用手順(SOP)を順守によって国民生活が阻害されることはないと確信している」と言明。感染拡大地域に対してはこれまで通り、対象を絞ったMCOで対処すると述べた。
連邦政府は3月18日にMCOを発令し、5月4日から条件付きMCO(CMCO)に移行し、大部分の経済活動を緩和。6月10日からはほとんどの社会活動を認めるRMCOに移行していた。

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】