スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は21日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から57人増えて1万276人になったと発表した。
新規感染者のうち51人が国内感染者で、サバ州(49人)、ケダ州(1人)、セランゴール州(1人)でそれぞれ確認された。うち14人がサバ州クナクの「プラウ・クラスター」、12人が同州センポルナの「セラマット・クラスター」に関連していた。残り6人は英国、インドネシア、パキスタン、ザンビアで感染した帰国者だった。新たに40人が退院し治癒者数は9,395人に増加した。死者数はゼロで130人を維持した。
保健省のノール・ヒシャム事務次官は20日、新たに2つのクラスターが発生したと明らかにした。一つ目はサバ州センポルナで発生した「バカウ・クラスター」。クラスター内の感染者数は3人(外国人2人とマレーシア人1人)で、うち1人(フィリピン人女性)が亡くなった。国内で129人目の死亡者となった。
もう一つのクラスターはペナン州のマレーシア人2人が関連する「アラ・クラスター」で、一人目の感染者は44際の男性。サバ州サンダカンに入州した際に受けたスクリーニング検査で陽性と診断された。その後男性の姪も感染していたことが分かった。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】