【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は13日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が前日から2,985人増加したと発表した。アクティブ感染者数は3万2,377人で、累計感染者数は14万4,518人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く837人だった。それに▽ジョホール州(535人)▽サバ州(450人)▽クアラルンプール(KL、289人)▽サラワク州(166人)▽パハン州(143人)

▽ネグリ・センビラン州(106人)▽ペナン島(105人)▽ケダ州(97人)▽クランタン州(85人)

▽マラッカ州(72人)▽ペラ州(61人)▽トレンガヌ州(27人)▽プトラジャヤ(11人)▽ペルリス州(1人)ーーが続いた。ラブアンのみゼロだった。新たに994人が退院し、累計治癒者は11万1,578人となった。死者数は4人増えて、累計で563人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は7日、新たに11のクラスターを確認したと明らかにした。

セランゴール州の工場「ジャラン・マナン」、「ペルシアラン・クアラ」クラスターではそれぞれ83人、44人の陽性を確認した。KLの警備会社「ウダラマ」クラスターでは21人、アパート「アイリス」クラスターでは11人、スーパーマーケット「ジャラン・キアラ」クラスターでは22人、透析センター「ダイアリシス・バトゥ」クラスターでは6人に陽性反応が出た。サラワク州の「ブキ・セクボン」クラスターでは21人、クランタン州ではセランゴール州への渡航者から発生した「カンポン・バダク」クラスターでは両州で39人の陽性を確認。クランタン州「タマン・ケサダル」クラスターで14人、プトラジャヤの透析センター「ダイアリシス・プトラ」クラスターでは10人、トレンガヌ州の「ペルミント・ハルモニ」クラスターでは8人の感染を確認した。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】