【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア保健省傘下の国立衛生研究所(NIH)が新型コロナウイルス「Covid-19」感染者5,889人を対象に行なった調査で、半数に当たる50.2%が感染が確認された時点で症状がまったく無かったことが分かった

NIHによると、感染者の31.6%が咳、発熱、喉の痛みといった何らかの新型コロナの症状を示したが、肺への炎症はみられなかったという。また肺の炎症を示した感染者のうち13.6%についても息苦しいなど呼吸への影響はみられなかった。肺の炎症と呼吸困難を訴えたのは感染者の3.5%だけで、重症者は1.1%に過ぎなかった。

これに先立ってNIHは、新型コロナ感染による死者のうち10人中7人は糖尿病だったと明らかにした。マレーシアでは2019年時点での糖尿病罹患率は18.3%に上っており、糖尿病人口は18歳以上だけで390万人と推定されている。糖尿病に次いでコロナ重症化リスクが高いのは高血圧と心臓疾患で、コロナ死者のうちそれぞれ64.9%、23.4%が罹患していた。

世界的にいわれているように高齢者のリスクが若年層に比べて高く、マレーシアでは60歳以上が死者の65%を占めた。また男性の方がリスクが高く、死者の72%を男性が占めた。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

2020年マレーシアの出来事(下半期編)【ウィークリーコラム】

オンライン食品商談会の記録 【スタッフブログ12.17】

コロナ禍での日本一時帰国→マレーシア再入国【代表ブログ特別編12.14】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】