スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は30日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から799人増えて、3万889人になったと発表した。
州別の感染者数は▽サバ州(466人)▽セランゴール州(150人)▽ラブアン(65人)▽ペナン島(35人)▽ネグリ・センビラン州(23人)▽クアラルンプール(KL、19人)▽サラワク州(16人)▽ペラ州(10人)▽ジョホール州(9人)▽ケダ州(5人)▽プトラジャヤ(1人)ーーとなった。新たに491人が退院し治癒者数は2万248人に増加した。死者数は3人増えて249人になった。
サバ州の病床数について保健省のロハイザット・ヨン副事務次官は29日、検疫・低リスクセンター(PKRC)の増設により合計8,506床を確保しており、うち43%を使用していると明らかにした。すべての感染レベルを対処できるハイブリッド病院は9施設で、総病床数が1,264床、病床稼働率は59%に止まっている。PKRCは全部で27施設。病床数は7,242床で稼働率が41%となっている。保健省はさらPKRCを6施設増設する計画だという。
基本再生産数(R0)については、保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、28日時点で1.1にダウンした。第3波が発生した9月20日のR0は2.2だった。クランバレーとサバ州のR0は、条件付き行動制限令(RMCO)の施行によりそれぞれ1.5に低下した。感染曲線を平坦化するには、ROを1.0未満に引き下げる必要がある。