【プトラジャヤ】 マレーシア政府観光局(ツーリズム・マレーシア)は、今年1—9月の外国人観光客数が前年同期比78.6%の大幅減少となったと明らかにした。
年初9カ月の外国人観光客数は新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大に伴う3月18日から実施された国境閉鎖の影響で429万9,419人にとどまり、前年同期の2,010万人を大きく下回った。
観光収入も126億リンギにとどまり、前年同期の661億リンギから80.9%の減少となった。観光客1人当たりの平均支出額も、前年の3,278.30リンギから10.7%減の2,938.40リンギの落ち込んだ。
国別でみると、シンガポールが154万3,627人でトップとなり、以下、インドネシア(71万118人)、中国(40万3,055人)、タイ(37万2,075人)、インド(15万5,448人)、ブルネイ(13万5,848人)、韓国(11万9,364人)、日本(7万3,891人)、豪州(7万2,369人)、フィリピン(6万5,601人)——と続いた。
観光客の落ち込みは世界的に起きており、近距離市場(東南アジア)はマイナス78.8%、中距離市場(マイナス80.0%)、長距離市場(マイナス74%)となった。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、12月7日、マレーシア政府観光局発表資料)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

脆弱な相対貧困層、コロナ禍でさらなる危機に【ウィークリーコラム】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】