【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は、18日で期限を迎える第二次行動制限令(MCO2.0)について、▽クアラルンプール(KL)▽セランゴール▽ペナン▽ジョホール——のみを対象に3月4日まで2週間延長すると発表した。

 新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大を防ぐため、MCO指定域における州間及び地域間移動は引き続き禁止されるが、半径10キロメートルの移動制限は解除される。

 一方、▽サバ▽パハン▽ネグリ・センビラン▽トレンガヌ▽クランタン▽ペラ▽マラッカ▽ケダ——の8州と連邦直轄地のラブアンとプトラジャヤは、3月4日まで条件付き行動制限令(CMCO)となる。また感染者数の少ないペルリス州について、は3月4日まで復興のための行動制限令(RMCO)となる。

 CMCO及びRMCO指定域での標準的運用手順(SOP)及びビジネスや活動については、昨年発令された規定に準ずる。経済活動については午前6時から深夜零時まで認められる。

 新型コロナ感染拡大を受けて、連邦政府は昨年3月の発令以来となるMCOを今年1月13日より2週間の期間限定で再発令。国民生活への配慮から前回に比べると大幅に経済活動を認める内容となっていたが、その後も新規感染者数が高止まりしていたため2月4日まで延長、さらに18日まで再延長していた。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】