【ペタリンジャヤ】昨年第4四半期の銀行による貸し付け実績は前年同期比で、パンデミック発生以降初めて増加に転じた。中央銀行バンク・ネガラ(BNM)のノル・シャムシア総裁は11日の発表会見で、経済が回復基調にあることを示すものとの認識を示した。
同期の産業向け貸付額は2,062億リンギで、2017ー19年の四半期平均(1,967億リンギ)を上回った。昨年第3四半期の貸付額は1,824億リンギだった。
中小企業向け貸付額は733億リンギで、パンデミック発生前の水準に回復した。家計向け貸付額は995億リンギで、2017ー19年の平均(892億リンギ)を上回った。昨年第3四半期の貸付額は991億リンギ。銀行の貸付残高は3.7%の増加になった。
(ザ・スター、2月12日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】