スポンサードリンク

【プトラジャヤ】 マレーシア政府観光局(ツーリズム・マレーシア)は、昨年の外国人観光客数が前年比で83.4%減少し、433万2,722人となったと明らかにした。新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大に伴い国境が3月18日から閉鎖された影響を受けた。
国別でみると、シンガポールが154万5,255人でトップとなり、以下、インドネシア(71万1,723人)、中国(40万5,149人)、タイ(39万4,413人)、インド(15万5,883人)、ブルネイ(13万6,020人)、韓国(11万9,750人)、日本(7万4,383人)、豪州(7万2,680人)、ベトナム(6万4,184人)——と続いた。
観光客の落ち込みは世界的に起きており、近距離市場(東南アジア)はマイナス83.5%、中距離市場はマイナス84.7%、長距離市場はマイナス79.7%となった。
観光収入は126.9億リンギにとどまり、前年から85.3%の減少となった。観光客1人当たりの平均支出額も、前年から11.3%減って2,928リンギに落ち込んだ。