スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 トランスコスモス(本社・東京都渋谷区)は、アジアにおけるオンラインショッピング利用の現状と変化を探る自主調査「アジア10都市オンラインショッピング利用調査2021」の結果を発表した。新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大により、クアラルンプール(KL)在住回答者の67.2%は「実店舗の買い物が減った」と回答した。10カ国中2番目に回答率が高かった。
また52.8%が「オンラインで購入する頻度や金額が増えた」と回答し、10カ国中6番目に高い回答率となった。
一方でECサイトとライブ配信を組み合わせた販売形態であるライブコマースを利用したことがあるとの回答はKLで28.1%となり、10都市中4番目に低いことがわかった。45.6%が「知っているが、ライブコマースで購入したことがない」、17.2%が「名前は聞いたことがあるが、よくわからない」、9.1%が「名前も聞いたことはない」と答えた。オンラインで購入したもののトップは「フードデリバリー」となった。東京では65.9%が「名前も聞いたことはない」と答え、東京での認知度が著しく低いことが明らかになった。
同調査は、2020年12月ー2021年1月にかけて、KLの他、東京、上海、台北、ジャカルタ、シンガポール、バンコク、ハノイ、マニラ、ムンバイにおいて、1年以内のオンラインショッピング利用(購入)経験者(10ー49歳)を対象に実施した。