【ペタリンジャヤ】 ショッピングモール運営のサンウェイ・モールズは2日、ペナン州セベランプライの「サンウェイ・カーニバル・モール」で5億リンギを投じた売り場の拡張を実施しており、小売スペースは2倍に拡大すると明らかにした。拡張部分は2022年4月1日のオープンを予定している。
 拡張工事により小売スペースは100万平方フィートに拡大し、店舗数は220店舗から350店舗に60%増える予定だ。サンウェイは1,500人分の雇用機会創出、1,200万人の年間来客数を見込んでいる。
 小売スペースの95%は入居テナントが決まっており、2022年年末までに100%に達する見通しだ。これまでに入居が決まったのは▽ジャヤ・グローサー▽JDスポーツ▽バス&ボディ・ワークス▽イニスフリー▽ラネージュ▽ビクトリアシークレットーーなどの国内および海外ブランド。また映画館としてGSCシネマが入居する予定。スクリーン数は13で、マレー半島北部で最大級の映画館となる予定だ。
 サンウェイ・モールズは、小売市場の長期的な見通しを楽観視している。11月時点の来客数は、新型コロナウイルス「Covid-19」流行前の2019年と比較して80%、売り上げは90%程度に回復してきていることから、年末の祝祭シーズンに向けてこの水準を維持することができると予想している。
(ザ・サン、12月3日、エッジ、12月2日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク