【クアラルンプール】 マツダ車の組立販売を手掛けるベルマツ・オートと韓国・起亜自動車の合弁会社であるキア・マレーシアは10日、2023年までに4モデルの現地組立(CKD)を開始すると発表した。
2022年にミニバン「カーニバル」とSUV「ソレント」、2023年にハイブリッドSUV「ニロ」と小型SUV「スポーテージ」のCKDを開始する。4モデルともケダ州クリムにあるイノコムの工場で組立を行なう。2022年にASEAN(東南アジア諸国連合)諸国向けに6,000台の輸出を目標としており、その後、毎年3,000台ずつ輸出台数を増やし、2026年には年間3万台の生産、1万9,000台の輸出を目指す。
CKDモデルの価格や詳細仕様は未定。「ソレント」は2024年にフェイスリフト予定で、「カーニバル」はまず輸入完成車(CBU)として販売開始し、来年中にCKD生産を開始する。
キア・マレーシアは「ASEAN市場での成功を考えた場合、国内CKD事業への投資は重要であり、マレーシアはCKD優遇政策や安定した物流、供給業者の存在のおかげでCKDを展開するのに最適な国だ」と述べた。
(ポールタン、12月10日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク