【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大の影響で昨年10月に倒産したMBOシネマズは19日、新しい経営体制の下で営業を再開すると発表した。
12月29日にセランゴール州の「アトリア・ショッピング・ギャラリー」で営業を再開する。特別スクリーン4スクリーンを含む合計8スクリーン、合計1,231席を用意する他、カフェハウスをテーマにした売店「カフェシート」も追ってリニューアルオープン。再開を記念して12月24日から26日まで、無料の映画上映会も開催する。
MBOシネマズでは段階的に▽エレメンツ・モール・マラッカ(マラッカ州)▽タイピン・セントラル・モール(ぺラ州)▽テルク・インタン(ぺラ州)▽ブレム・モール(クアラルンプール)▽スペースU8(セランゴール州)▽U-モール・スクダイ(ジョホール州)ーーなどでも再開を計画している。さらに2022年の新店舗オープンに向けて不動産開発業者と交渉しているという。
カルティック・ドライシンガム社長は、MBOシネマズを本来の姿に戻すことができて嬉しく思うと表明した。健全な映画体験を提供し続けることを優先し、これまでMBOが提供してきたサービスを維持し、新たに活力や熱意を持って再開すると言明。MBOには多くのファンがいるとして、ファンの期待に応えられるよう努力を続けていくと述べた。
MBOシネマズは倒産前は、国内27カ所の映画館を持つ、国内第3位の映画館チェーンだった。倒産時にはファンからの失望の声がソーシャルメディアで多数上がっていた。
(ザ・ヴァイブス・ドットコム、12月21日、マレーシアン・リザーブ、12月20日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク