【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 警察本部の発表によると、半島中部の大規模洪水による死者が23日午前2時時点で37人に上っている。17日から18日にかけての集中豪雨で、いまだ10人が各地で行方不明となっており、さらに犠牲者が増える恐れがある。
これまでクアラルンプール及び、ペラ、セラン  ゴール、ネグリ・センビラン、マラッカ、パハン、クランタンの各州で、合計1万8,080世帯、6万8,341人が避難した。冠水により通行止めとなった道路は137本で、うち120本がパハン州だった。
マレーシア国軍のアフェンディ・ブアン参謀総長は、今後、パハン、クランタンの両州で河川の水位が上昇しておりさらなる洪水被害の悪化が予想されると指摘。すでに大きな被害が出ているセランゴールと合わせて、これら3州に救助活動を集中していると述べた。
灌漑局によると正午現在、パハン州ではパハン川の5カ所で危険水域に達しており、同州における洪水被害が今後拡大する恐れがある。
保健省は、洪水によってレプトスピラ症、コレラ、下痢、発熱、呼吸器疾患、デング熱、食中毒などの感染症が増加する可能性があるとして注意を呼び掛けた。現時点ではこうした感染症が増加しているとの報告はないという。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク