【クアラルンプール】 カイリー・ジャマルディン保健相は22日、新型コロナウイルス「Covid-19」の変異種オミクロン株の流入を防ぐため、隔離期間なしでシンガポールとの移動を可能にする「ワクチン接種完了者向けトラベル・レーン(VTL)」について、23日から1月20日まで航空券およびバス乗車券の販売を一時中止すると発表した。
カイリー大臣は、シンガポールではオミクロン株の感染者が増加しており、クラスターも発生していることからチケットの販売を一時中断すると説明。すでにチケットを購入した旅行者は、渡航できるとした。
一方でシンガポールの保健省も同じく、マレーシア行きの航空券およびバス乗車券の販売を1月20日まで一時中止すると発表。シンガポールに入国する旅行者は、週1度の検査を受けるよう要請した上で、検査で陰性結果が出ていても、人との交流を最小限に抑え、大規模な人との集まりや外食を避けるように呼びかけた。
(エッジ・マレーシアン・リザーブ、フリー・マレーシア・トゥデー、12月22日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク