【クアラルンプール】 ウィー・カション運輸相は9日、クアラルンプール(KL)のKLセントラル駅とスバン空港とを結ぶ路線「スカイパーク・リンク」の片道運賃を、同日付で10リンギから3.5リンギへ値下げした(キャッシュレス決済の場合。現金の場合は4リンギ)と明らかにした。
運輸省は値下げの理由について、スカイパーク・リンクを運営するマレー鉄道(KTM)が、運営するKTMコミューター線と運賃体系を統一したと説明。新運賃は競争力があり、交通費の負担を軽減することができるとしている。
運行スケジュールも、1日25本から32本に増便した。KLセントラルからスカイパーク・ターミナル(スバン空港)への始発は5時55分、終電は19時25分、スカイパーク・ターミナルからKLセントラルへの始発は6時45分、終電は22時45分となる。
スカイパーク・リンクは全長26キロメートルで、2018年5月に運行を開始。パンデミック期には一時的に運行を停止したものの、2021年10月に再開している。来年は1日3,000人の利用を目標としている。
(ポールタン、6月10日、ソヤチンチャウ、6月9日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク