【ジョージタウン】 ペナン医療観光センター(PMED)はインドネシアの格安航空シティリンクを経営するシティリンク・インドネシアと覚書を交わした。医療目的にインドネシアからペナンを訪れる客の増加につなげる。

PMEDは医療観光推進を目的にペナン州政府の主導で設けられた機構で、13の民間総合病院が加盟している。シティリンクはガルーダ・インドネシア航空の子会社。

PMEDのヨー・スーンヒン所長によると、州の医療観光収入は21年の6,600万リンギに対し、国境が再開された22年は2億8,500万リンギに急増した。
2022年1ー11月にペナン州を医療目的で訪れた外国人は14万4,975人で、54%をインドネシア人が占めた。

締結式に出席したチョウ・コンヨウ州首相は「医療観光ビジネスが回復しつつあることは、ペナン州が観光目的地として生き延びたことを証明するもの」と述べた。

新型コロナウイルス禍以前の19年にペナン州を医療観光目的で訪問した外国人は約48万人、関連収入は7億3,000万リンギで、マレーシア全体の医療観光収入の約50%を占めた。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月3日、ベルナマ通信、1月2日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク