スポンサードリンク

【ペタリンジャヤ】 英系スタンダード・チャータード・バンクが実施した調査によると、マレーシアのミレニアル世代(25−44歳)の74%は、新型コロナウイルス「Covid-19」の流行により生活費を賄うのに苦労していると回答し、他の世代に比べて回答率が高いことがわかった。
ミレニアル世代の23%は借入れを増やしたと回答し、45歳以上の回答率(15%)を上回った。またミレニアル世代の61%は1日の支出予算を変更したと回答、45歳以上の回答率(58%)や世界の平均(37%)より回答率が高かった。
貯蓄に関してミレニアル世代の34%は、新車や家などの高額な商品の購入のために貯蓄すると回答。45歳以上(20%)や世界平均(18%)を上回った。また退職のために貯蓄しているとの回答は、45歳以上が44%、世界平均が29%だったが、ミレニアル世代は45%となり、長期的な経済計画を持っていることがわかった。
同調査は世界の12カ国で9月25ー10月1日にかけて実施されたもので、1万2,000人が参加した。
(ザ・スター、ニュー・ストレーツ・タイムズ、11月27日)