【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 UMWトヨタ・モーターは17日、コンパクトセダン「ヴィオス」とコンパクトハッチバッグ「ヤリス(日本名・ヴィッツ)」の2020年度版を発表した。
今回マイナーチェンジとなった両モデル共に排気量は1.5リットルのエンジンが搭載されており、トランスミッションは、7速の無段変速機(CVT)となっている。外観や機能が改善された他、安全性も強化された。操舵回避支援(PCS)やレーン・ディパーチャー・アラート(LDA)など低速域から高速域まで衝突回避支援または被害軽減を図る予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」が導入された。また東南アジア諸国連合(ASEAN)新車アセスメント・プログラム(NCAP)の安全基準で最高評価の5つ星を獲得しており、スタビリティ・コントロール(VSC)、7つのSRSエアバッグなども装備されている。
「ヴィオス」の価格は保険なしで7万4,623ー8万7,584リンギ。「ヤリス」のが7万940ー8万4,808リンギとなっている。走行距離無制限の5年間保証が付く。
UMWトヨタによると、現行モデルの「ヴィオス」と「ヤリス」は2019年の販売以来、それぞれ4万台、2万台を納車しており、好評を得ている。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】