【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は12日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が前日から3,309人増加したと発表した。アクティブ感染者数は3万390人で、累計感染者数は11万1,533人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,007人だった。それに▽ジョホール州(442人)▽サバ州(409人)▽クアラルンプール(KL、326人)▽ペナン島(317人)▽ペラ州(241人)▽サラワク州(146人)▽パハン州(96人)▽クランタン州(86人)▽ネグリ・センビラン州(85人)▽ケダ州(62人)▽プトラジャヤ(36人)▽マラッカ州(21人)▽トレンガヌ州(20人)▽ラブアン(15人)ーーが続いた。ペルリス州のみゼロだった。新たに1,469人が退院し、累計治癒者は11万584人となった。死者数は4人増えて、累計で559人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は11日、英国へ渡航歴のある旅行者から英国で発見された変異株「B1.1.7」が確認されたと発表した。12月28日の陽性確認後に隔離されているため国内での感染は現段階で確認されていないという。

一方でクラスターについては、新たに8つ確認したと明らかにした。

ジョホール州の工場「ジャラン・ケルリ」クラスターでは42人、KLの市場「メダム・イダマン」クラスターでは10人の陽性を確認した。サラワク州の「ジェリタ」クタスターでは8人、クランタン州の「カンポン・レノク」、「カンポン・ゲティン」クラスターではそれぞれ23人、11人に陽性反応が出た。ペラ州の「ルムト・バラト」クラスターでは11人、トレンガヌ州の「クバン・ブジュク」、「ケジャヤ」クラスターではそれぞれ10人、9人の陽性を確認。一方で新たに4つのクラスターが収束した。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

脆弱な相対貧困層、コロナ禍でさらなる危機に【ウィークリーコラム】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】