【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア通産省は12日、行動制限令(MCO)が13日より発令される首都圏やペナン、マラッカ、ジョホール州で操業が認められる▽製造▽建設▽サービス▽商業・運輸▽農園・一次産業――の5つの必需セクターの詳細を明らかにした。

全リストは次の通り。

1,航空産業製造・保守

2,自動車製造およびアフターサービス

3,食品、飲料製造

4,パッケージングと印刷

5,家庭用品、セルフケア商品、洗剤

6,栄養補助食品を含む医薬品・健康食品

7,個人用保護具(PPE)および防火設備

8,医療機器の部品

9,電気・電子機器

10,石油・ガス

11,石油化学製品

12,化学製品

13,機械・ツール

14,手袋製造用の型となるセラミック

15,鉄鋼

16,テキスタイル(PPE生産含む)

17,家具

18,燃料および潤滑油

19,建設

20,金融サービス

21,地方自治体及びそのサービス

22,ICTサービスおよびグローバルビジネスサービス(GBS)を含む電気通信およびデジタルインフラ

23,eコマース

24,ホテルと宿泊施設

25,獣医サービスを含む農業、水産、畜産

26,水道・電気などの公益事業

27,専門サービス(会計士/弁護士/監査人/エンジニア/建築家を含む)、科学(R&Dを含む)、技術

28,セキュリティサービス

29,国防

30,陸上、海上、航空輸送

31,港湾、空港

32,倉庫・物流

33,飲食サービス・販売・配送

34,小売り・卸売り、流通

35,農業・養殖・畜産

36,農園・一次産業

37,監督省庁と保健省が話し合って決定したその他の業種

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

脆弱な相対貧困層、コロナ禍でさらなる危機に【ウィークリーコラム】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】