【クアラルンプール】 ラマダン(断食月)が始まり、行動制限令(MCO)の解除でショッピングモールの客足が回復している。

小売業調査会社リテール・グループ・マレーシアによると、過半のショッピングモールで第2次MCOの解除以降、客足がパンデミック以前の水準に戻った。外出を制限されていた国民が一斉に、買い物、レジャーを楽しむためモールに出かけた結果だ。

ハラル小売りチェーン、マイディン・モハメド・ホールディングスのウィラ・アミール代表は、断食月の開始とともに客足が回復したが、新型コロナウイルス感染者が増加しているため、厳格な標準的運用手順(SOP)が導入される可能性があると懸念を表明した。

複数のショッピング施設を運営するスリアKLCCのアンドリュー・ブライエン最高経営責任者は、SOPが順守されている場合、人は以前より自信をもって公共の場に出るようになったのが昨年との違いだと述べた。

(マレーシアン・リザーブ、4月28日)

スポンサードリンク