【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 タケックス(本社・大阪府吹田市)のマレーシア法人、TAKEXCOマレーシアは、PICOMS国際大学カレッジに、同社のエタノール除菌製剤「タケックス・クリーン・エクストラ(Takex Clean Extra)1L」を120本寄贈した。
新型コロナウイルス「Covid-19」流行の中にあって、除菌剤使用の重要性に対するコミュニティ内の理解を高めるための取り組みの一環。寄贈された除菌剤は、血液透析部、学生部、スポーツ福祉クラブなどに配布され、生徒や職員の衛生管理に活用される。TAKEXCOマレーシアはこれからも、大学や幼稚園など公共性が高く衛生管理が必要な相手への寄贈を検討していく。
「タケックス・クリーン・エクストラ」はエタノールにモウソウチクの表皮から得られた抽出物を含んだ除菌製剤で、マレーシア・イスラム開発局(Jakim)からハラル(イスラムの戒律に則った)認証を取得し、マレーシア国内ではLAZADAやShopeeなどの通販サイトを中心に販売している。昨年12月には、新型コロナウイルスに対する検証テストを日本の外部研究機関で実施し、塗布後15日でも99.99%の不活性化を確認したと発表した。

スポンサードリンク