【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】三菱モータース・マレーシア(MMM)は7日、4月の販売台数が1,872台と過去最多を記録したと発表した。販売台数は1月以降、増加を続けており、国民車以外では上位3位以内を4カ月連続で保持した。
販売をけん引したのがクロスオーバーMPV(多目的車)の「エクスパンダー」で、982台と4月の販売台数の52%を占めた。
三菱自工は20年10月、ハイコム・オートモーティブ・マニュファクチャラーズ・マレーシアに委託しての現地組み立て生産を開始しており、予約台数は1万台を超えた。
タイから完成車で輸入しているピックアップトラックの「トライトン」も好調を維持しており、4月の販売台数は680台。
MMMの新西知之 最高経営責任者によると、客の多くは乗用車に対する売上税減免措置の期限である6月30日までの購入を希望している。

スポンサードリンク