【クアラルンプール】 O2マレーシアがこのほど実施したオンライン世論調査でムヒディン・ヤシン首相個人を「好ましい」と考えている有権者の比率は51.1%となり、依然として人気トップ政治家であることを伺わせる結果となった。ただ昨年6月調査での65.8%から、11月調査では52.5%、今回は51.1%と人気は下降傾向にある。
同調査は「政治とリーダーシップの問題に関するマレーシア有権者の国民感情」と題する調査で、3月26日から4月9日にかけて実施し18歳以上の1,582人から回答を得た。
二番目に「好ましい」との回答率が高かったのは汎マレーシア・イスラム党(PAS)のハディ・アワン党首(33.9%)で、民主行動党(DAP)のリム・グアンエン書記長は30.2%、人民正義党(PKR)のアンワル・イブラヒム党首は26.3%、国民信任党(Amanah)のモハマド・サブ党首は22.4%、統一マレー国民組織(UMNO)のアハマド・ザヒド党首は10.6%となった。ハディ、サブの両氏の人気派ほぼ横ばいで、リム、アンワル、ザヒドの3氏の人気はやや回復している。
また首相経験者であるマハティール・モハマド前首相は33%、ナジブ ラザク元首相は27%だったが、両氏ともに人気は上向き基調にある。
党派別の人気では、「次期総選挙での投票先」としては野党連合・希望同盟(PH)が36%と最も高く、与党連合・国民同盟(PN)の31%を上回った。このほか国民戦線(BN)は22%、サイド・サディク前青年スポーツ相が設立した新党・マレーシア統一民主同盟(MUDA)は11%だった。
(ベルナマ通信、5月19日、O2マレーシア発表資料)

スポンサードリンク