【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、追加分の200万回分のファイザー製ワクチンが7月に到着する予定だと明らかにした。これにより公的ワクチン接種プログラム(NIP)に基づく接種が加速される見込みだ。
このほか新型コロナワクチンを公平に分配する国際的な枠組み「COVAXファシリティ」を通じて、新たにマレーシアに55万9,000回分のアストラゼネカ製ワクチンが到着する予定だ。
希望者のみとなっているアストラゼネカ製ワクチン接種第2フェーズの予約受付が、23日正午に開始された。オンライン(http://vaksincovid.gov.my)で登録できる。
第2フェーズの接種は6月7日から7月27日にかけて全国8カ所のアストラゼネカワクチン専用の接種会場(PPVAZ)で実施する予定。準備されているのは124万回分で、60歳以上が対象となる。
PPVAZの設置場所は、▽ペルサダ・ジョホール・インターナショナル・コンベンション・センター(PJICC)▽セティアSPICEコンベンション・センター(ペナン州) ▽ボルネオ・コンベンション・センター・クチン▽ミリ国家青年技術学院(IKBNM)▽マラヤ大学(UM)▽アイディアル・コンベンション・センター(IDCC)シャアラム▽ワールド・トレード・センター・クアラルンプール(WTCKL、旧称プトラ・ワールド・トレード・センター=PWTC)▽マレーシア国民大学(UKM)セランゴール校——の8カ所。
シノバック製ワクチンについては、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)によると、ファーマニアガ・ライフ・サイエンスにおける準備作業が6月末までに380万回分完了する予定。マレーシアには440万回分がすでに到着しており、これによりシノバック製ワクチンの確保量は合計820万回分となる。

 

スポンサードリンク