スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 会計事務所のデロイトが、デジタルライフについて▽マレーシア▽シンガポール▽タイ▽インドネシア▽フィリピン▽インド▽バングラデシュ▽パキスタンーーの8カ国を対象にした調査レポート「ネクスト・ウェーブ」を発表。マレーシアの電子商取引(eコマース)市場は、着実に成長且つ国内総生産(GDP)に貢献しており2018年には市場規模が約280億米ドルに達し、東南アジアにおいて魅力的な市場だと指摘した。
2020年においてマレーシアで最もユーザー数が多い電子商取引(eコマース)は「タッチ・アンド・ゴー(TNG)」で82.41%。これに▽「ブースト」(66.68%)▽「グラブペイ」(49.48%)▽「イーウォレッツ」(30.13%)がーーが続いた。ソーシャルメディアの総ユーザー数は2016年の60%から81%に増加。登録数が最も多いのは「フェイスブック」で、これに「インスタグラム」、「フェイスブック・メッセンジャー」、「リンクドイン」が続いた。
マレーシアのソーシャルメディアの普及率は、8カ国の中で最も高く81%に上った。シンガポールは79%で、タイが75%だった。1日あたりのソーシャルメディア平均利用量は、2時間45分で8カ国中4位。フィリピンがトップで3時間53分、2位と3位はインドネシア(3時間26分)とタイ(2時間55分)だった。スマートフォンの普及率は83%で2位。1位がシンガポール(87%)、3位はタイ(75%)となった。
デトロイトはレポートの中で、21ー40歳の消費者が新型コロナウイルス「Covid-19」大流行後においてデジタルライフを促進させる主要層になると指摘した。