【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)10日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から869人増加したと発表した。アクティブ感染者数は1万1,446人で、累計感染者数は4万2,050人となった。

州・地域別の感染者数は▽サバ州(397人)▽セランゴール州(236人)▽ネグリ・センビラン州(141人)▽ペナン島(27人)▽クアラルンプール(Kl、19人)▽ペラ州(12人)▽クランタン州(9人)▽ラブアン(8人)▽ジョホール州(8人)▽サラワク州(6人)▽ケダ州(3人)▽プトラジャヤ(3人)ーーとなった。マラッカ、パハン、トレンガヌ、ペルリス4州はゼロだった。新たに725人が退院し、累計治癒者は3万304人だった。死者数は6人増えて累計300人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は、第3波が始まった9月の基本再生産数(R0)は2.2だったが現在は0.95に下降していると言明。今後は0.5ー0.6にまで引き下げたいと述べた。条件付き行動制限令(CMCO)の再導入には反対意見が出たが、多くの人が無症状であり、無意識のうちに感染を拡大していると指摘。感染拡大を防ぐためには、人々が行動を制限することが必要だと述べた。まだワクチンは完成していないとした上で、国民の協力なしでは感染を封じ込めることはできないとして、国民に公衆衛生対策を取るように協力を求めた。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

エアアジア、日本国内線への2度目の挑戦も失敗に

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】