【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)16日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から1,103人増加し、4日連続で1千人を上回ったと発表した。アクティブ感染者数は1万2,601人で、累計感染者数は4万8,520人となった。

州・地域別の感染者数はクアラルンプール(KL)が最も多く392人となった。それに▽サバ州(288人)▽セランゴール州(151人)▽ペラ州(116人)▽ネグリ・センビラン州(90人)▽ペナン島(26人)▽ケダ州(10人)▽ラブアン(8人)▽ジョホール州(8人)▽クランタン州(7人)▽トレンガヌ州(4人)▽プトラジャヤ(1人)▽サラワク州(1人)▽マラッカ州(1人)ーーとなった。パハン、ペルリス2州はゼロだった。新たに821人が退院し、累計治癒者は3万5,606人だった。死者数は4人増えて累計313人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、州・地域ごとではこれまでサバ州が最も感染者数が多い状況が続いていたが、15日はKLが最多となった。KLのダマンレラにある建設現場で発生しているクラスターが原因で、セランゴール州でも感染者が出ており、感染者数は460人となった。

また同日、新たに3つのクラスターを確認した。サバ州のコタキナバルでは「プラザ・クラスター」、タワウでは「ジャラン・カラバカン・クラスター」が発生し、それぞれ11人、21人に陽性反応が出た。一方でジョホール州で発生した「ジェリ・クラスター」はコタ・ティンギ、メルシン、ムアルで26人の感染者を確認した。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

コロナ耐性ランキング、マレーシアはなぜ低評価?

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】