【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)17日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から1,210人増加し、5日連続で1千人を上回ったと発表した。アクティブ感染者数は1万2,788人で、累計感染者数は4万9,730人となった。

州・地域別の感染者数はサバ州が最も多く499人となった。それに▽セランゴール州(271人)▽クアラルンプール(KL、245人)▽ネグリ・センビラン州(67人)▽ペラ州(47人)▽ペナン島(33人)▽クランタン州(19人)▽ジョホール州(14人)▽ケダ州(8人)▽マラッカ州(2人)▽プトラジャヤ(2人)▽ラブアン(1人)▽トレンガヌ州(1人)▽サラワク州(1人)ーーとなった。パハン、ペルリス2州はゼロだった。新たに1,018人が退院し、累計治癒者は3万6,624人だった。死者数は5人増えて累計318人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は16日、条件付き行動制限令(CMCO)指定地域である首都圏で

感染者が増加していることについて、経済影響へのバランスを取る必要があるため効果が現れるまで時間がかかると説明。2週間の在宅勤務により、感染拡大を断ち切ることができるとの見解を示した。KLのダマンレラにある建設現場で発生しているクラスターは外国人労働者の間で感染が広がっていることが影響していると指摘。職場でのクラスター発生を避けるために、仕事を始める前に労働者に検査を受けさせるよう雇用主に求めた。

同日、新たに1つのクラスターをサバ州で確認した。サバ州のペナンパン、コラキナバルで発生した「マタンバイ・クラスター」で、23人の感染者が出た。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

エアアジア、日本国内線への2度目の挑戦も失敗に

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】