【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)18日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から660人増加し、6日ぶりに1千人を下回ったと発表した。アクティブ感染者数は1万2,814人で、累計感染者数は5万390人となり、5万人を超えた。

州・地域別の感染者数はサバ州が最も多く387人となった。それに▽セランゴール州(141人)▽ネグリ・センビラン州(31人)▽クアラルンプール(KL、31人)▽ペナン島(16人)▽ペラ州(16人)

▽ラブアン(13人)▽ケダ州(11人)▽マラッカ州(4人)▽サラワク州(3人)▽ジョホール州(3人)▽クランタン州(3人)▽プトラジャヤ(1人)ーーとなった。トレンガヌ、パハン、ペルリス3州はゼロだった。新たに630人が退院し、累計治癒者は3万7,254人だった。死者数は4人増えて累計322人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、17日には新たに5つのクラスターを確認した。うち4つが職場でのクラスターだった。サバ州コタキナバルの「アベニュー・クラスター」では109人、「ケジョラ・クラスター」では8人に陽性反応が出た。クアラルンプールのケポンの「カサー・クラスター」では19人、ペナン州のティムル・ラウトの「サマー・クラスター」では10人の感染を確認、クランタン州コタバル、マチャン、タナメラ、トレンガヌ州ベスで発生した「メンケティル・クラスター」では23人が陽性となった。

ノール氏は、アクティブなクラスター数は162に上るが、うち72が職場に起因するクラスターであると指摘。首都圏で感染者が増加しているのも、職場のクラスターが原因であるとし、衛生面の対策やソーシャルディスタンスの確保を強化するべきとした。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

エアアジア、日本国内線への2度目の挑戦も失敗に

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】