【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 スイスのビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)は世界人材ランキングを発表。マレーシアは昨年の総合22位から25位にランクを下げた。
同レポートは、世界63カ国・地域において、「労働環境への投資と開発」、「国外の人材を引きつける魅力」、「人材が持つ技能や能力」3項目において人材活用の準備度合いを評価したもの。
マレーシアは、「人材が持つ技能や能力」は18位で、昨年から2ランクダウンした。「国外の人材を引きつける魅力」は29位で2ランク下降、「労働環境への投資と開発」は34位で、2ランク下がった。
総合のトップはスイス、2位はデンマークで昨年と変わらなかった。3位はルクセンブルグで、欧州勢がトップ3位を占めた。最下位はモンゴルだった。
マレーシアは、アジアではシンガポール(9位)、香港(14位)、台湾(20位)よりランクが低かったが、韓国(31位)、日本(38位)、中国(40位)、タイ(43位)、インドネシア(45位)、フィリピン(48位)より上位にランクされた。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

エアアジア、日本国内線への2度目の挑戦も失敗に

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】