【クアラルンプール】 農業・食品産業省(MAFI)は、コメの自給率を2025年をメドに75%にまで引き上げる計画だ。下院議会の質疑の中でロナルド・キアンディー大臣が明らかにした。
コメの自給率引き上げ目標は、次期5カ年計画、「第12次マレーシア計画(12MP、対象期間;2021ー2025年)」に盛り込まれる見通し。輸入依存を減らすためで、現在の目標である73%を上方修正した。政府は2008年、マレーシア農業研究開発研究所(MARDI)が15種、マレーシア国民大学(UKM)が2種、それぞれ開発した合計17種のコメの品種を特定。政府が承認した9つの生産者に下で、7万4,000トンの種もみを生産している。
MAFIは12MPにおいて、コメの生産、反芻動物(牛や羊)、農業、漁業に焦点を当てる方針を決定。野菜については自給率70%、わずか23%にとどまっている反芻動物については50%の目標を掲げている。
(マレーシアン・リザーブ、ベルナマ通信、11月25日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

脆弱な相対貧困層、コロナ禍でさらなる危機に【ウィークリーコラム】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】