【ペタリンジャヤ】マレーシア医師会(MMA)とマレーシア経営者連盟(MEF)は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため経営者は相応の役割を果たすべきとの声明をそれぞれ発表した。
MMA(スブラマニアム会長)は、事務所作業の職員を減らすため在宅勤務を増やすべきで、対面の会議は長時間にわたると感染のリスクが高まるため、オンライン会議を採用するのが望ましいと、デジタル化の推進を要請した。
MEFのシャムスディン専務理事は、衛生に気を付け、宿舎をきれいにすることの重要性を労働者に教育する必要があると強調。定期的感染検査が重要だが、頻度とだれが費用を負担するかが問題だと述べた。
オフィス内がウイルス感染源となっているケースもあるため、多くの企業では出勤する経営幹部の数を減らしており、職場勤務で交替制を採用した企業もあるという。
(ザ・サン、12月1日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

2020年マレーシアの出来事(下半期編)【ウィークリーコラム】

オンライン食品商談会の記録 【スタッフブログ12.17】

コロナ禍での日本一時帰国→マレーシア再入国【代表ブログ特別編12.14】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】