【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 HSBCの最新調査「ナビゲーター調査〜今、次、どのように」によると、マレーシア企業の30%が、ニューノーマル(新しい常態)の中で事業で成功していると答え、世界平均の24%を上回った。
新型コロナウイルス「Covid-19」流行により起きた問題や新たな環境に対応できているとの回答は55%で、世界平均の58%を下回った。
今後については、76%の企業が2022年末には新型コロナウイルス前まに回復できると回答。投資額を来年増額するとの回答率は78%で、過去12ヶ月内に事業を継続するために何らかの変更を行ったとの回答は74%となった。
貿易に関しては、マレーシア企業の80%は向こう1、2年内に好転すると回答。74%がアジア太平洋地域(APAC)、31%が中国本土、22%が欧州での事業拡大を計画していると答えた。
サプライチェーンについては、57%が再構築することでコストを削減できると回答。デジタル技術の導入や透明性、サプライヤーと顧客間の距離短縮を優先すると答えた。一方で99%が環境に配慮したりエシカルでサステナブルな取り組みを実施することを検討していると回答した。
同調査は39市場で9月11日から10月7日にかけて実施。マレーシアからは企業の意思決定者200人が参加した。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

脆弱な相対貧困層、コロナ禍でさらなる危機に【ウィークリーコラム】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】