【クアラルンプール 】 新型コロナウイルス「Covi-19」の変異株について、アダム・ババ保健相は2日、4月24日から5月1日までの陽性検体についてゲノム解析を実施したところ、南アフリカ型変異株(B.1.351)に27人、英国型変異株(B.1.1.7)に3人が感染したことを新たに確認したと明らかにした。
南アフリカの変異種の感染者は最初に感染者が確認されたペラ州とクランタン州の他、セランゴール州でも感染が確認された。
また英国型の変異株の感染者のうち2人がセランゴール州、1人がサバ州で確認された。アダム大臣は、海外渡航歴のない人から変異株の確認がされたことから、国内で感染が起きたということを意味していると述べた。
一方でアダム大臣は、インド型の変異株(B.1.617)もマレーシア国内で初めて確認されたと発表。クアラルンプール国際空港(KLIA)で入国したインド人から検出されたと明らかにした。
変異株の類型感染者は南アフリカの変異種が48人、英国型が8人、インド型が1人、ナイジェリア型 (B. 1.525)が2人となった。
(エッジ、マレーメイル、5月2日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク