【クアラルンプール】 医療・人権に関する活動を行なっている非政府組織「コードブルー」によると、マレーシアは人口当たりの新型コロナウイルス「Covid-19」新規感染者数で、深刻な事態に陥っているとされるインドを上回っている。
「Our World In Data」の数値に基づくと、マレーシアの100万人当たりの新規感染者数は5月23日には185.3人となり、インドの184.99人を上回っている。マレーシアの感染者が増加傾向にある一方、インドでは5月8日以降は減少傾向にある。
インドは4月初旬には1日の感染者数が10万人を突破し、23日までに累計感染者数が2,600万人、死亡者数が30万人を超えている。
マレーシアは過去1週間の新規感染者数の平均が5,997.29人となり、フィリピン(5,121.29人)やインドネシア(5,067.14人)を上回っている。100万人当たりの死亡率は1.53人で、これもフィリピン(0.99人)やインドネシア(0.65人)を上回っている。
(フリー・マレーシア・トゥデー、5月24日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク