【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 クアラルンプール(KL)首都圏の軽便鉄道(LRT)ケラナ・ジャヤ線で24日午後8時45分頃、KLCC駅近くの地下トンネル内を走行中の列車同士が正面衝突した。LRTケラナ・ジャヤ線の衝突事故は1998年の開通以来これが初めて。
KLCC駅を出発してカンポン・バル駅方面に向かっていた列車とカンポン・バル駅を出発してKLCC方面に向かっていた回送列車が、正面衝突した。カンポン・バル駅方面に向かっていた列車に乗っていた213人が負傷し、64人がKL病院に搬送された。6人が重傷だという。
コントロールセンターのミスで、回送列車がカンポン・バル駅方面に向かう線路に入ったとみられる。ケラナ・ジャヤ線は完全自動運転で運行しているが、回送車は修理を終えた後で運転士が手動で試運転を行なっていた。

ムヒディン・ヤシン首相はコメントを発表し、運輸省とLRTを管轄する国営企業プラサラナ・マレーシアに対して、原因究明に努めるよう要請したことを明らかにした。

ウィー・カション運輸相は、LRTが運転を開始してから最も大きな事故となったと言明。事故原因を究明するために24日から調査を開始しており、25日16時の時点で人的ミスが事故につながったことがわかったと明らかにした。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク