【ペタリンジャヤ】 この数週間でカテゴリー4と5に分類される新型コロナ重症患者数が3倍に急増中だ。カテゴリー4は肺炎を生じ酸素投与が必要な状態、カテゴリー5は多臓器不全を伴う重症状態を示す。アダム・ババ保健相は、第二波までの重症患者数は全体の5%だったのに対し、現在起きている第三波の重症患者の比率は15%となっており、20—40歳の患者数も増加していると述べた。
公立病院のコロナ病床使用率も75%にのぼっており、特に首都圏クランバレー、ジョホール州、トレンガヌ州、クランタン州、サラワク州の病院では、病床使用率が最大に達している。そのため、一般病床のコロナ病床への転換や集中治療室(ICU)数の増加、軽症患者の一般病院への転院などの対策が取られているが、病床ひっ迫を防ぐために国民のステイホームへの協力が不可欠であるとアダム保健相は述べた。
保健省では、ワクチン供給アクセス保証特別委員会(JKJAV)と協議の上、ワクチン接種の義務化ないしはワクチン接種予約欠席者への罰則を検討している。
(フリー・マレーシア・トゥデー、5月27日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク